DAZNに入会+ユナイテッドFCの試合を視聴してクラブを応援しよう!

まずは1ヶ月無料体験!

アカデミー情報

  1. ホーム
  2. アカデミー情報
  3. 【フューチャーズ】県社会人リーグ(11/7)
2021.11.07 アカデミー情報

【フューチャーズ】県社会人リーグ(11/7)

11月7日(日)に知的障がい者チーム「フューチャーズ」が所属する「さつま家カップ 鹿児島県社会人リーグ」の5部リーグ戦が行われました。

日時/11月7日(日)
対戦相手/枕崎クラブ
会場/鴨池緑地競技場
スコア/○1(0-0)(1-0)0
得点者/磯田

泉谷光紀監督コメント

社会人リーグ4戦目、「攻守において、相手を観てプレーする」をゲームコンセプトとしました。

攻撃においては、
①パス&コントロールの質(強いパス、つける足orスペース)
②パス&ムーブ

守備においては、
①1stDFの素早い決定→連動
②ラインコントロール(スリーラインの)
をテーマとし、試合に挑みました。

ゲーム全体を通して、攻守において相手を観て判断してプレーする部分について、出来ている選手、チャレンジしようとしている選手、出来ていない選手と差がある試合でした。

試合内容として、
攻撃に関しては、意図も感じにくい単純な縦パス(ロングパス)が前半戦は多かったです。
しかし、ハーフタイムにプレーの優先順位を確認しながら、簡単にボールを失わないためにはどうプレーしていくことが大切かを選手自身に考えさせました。
その結果、選手の気付きも出てきて、中盤を経由した攻撃や、ワンタッチパスを織り交ぜた攻撃も数回できました。

守備に関しては、プレーエリアや時間帯を考えたプレーが今後出来てくると、更に良くなると感じられるゲームではありましたが、「無失点」で試合を終えられたことは、非常に良かったです。

本日は1-0という勝利で、選手が蹴ったコーナーキックを、選手として出場しているスタッフがゴールを決め、その得点が決勝点となりました。
社会人リーグは、知的障がいがある選手とスタッフが、同じピッチ内で伝え合いながらプレーできる唯一の公式試合となっており、この機会を今後とも、選手たちの更なる飛躍に繋がることができるように、日々のトレーニングから、しっかりと励んでいきます。

この記事をシェアしよう!