DAZNに入会+ユナイテッドFCの試合を視聴してクラブを応援しよう!

まずは1ヶ月無料体験!

  1. ホーム
  2. 試合結果のコメント
  3. 2021明治安田生命J3リーグ第8節監督コメント

2021明治安田生命J3リーグ第8節監督コメント


[監督] アーサーパパス

今回の試合は4時間と長くなり、その試合を終わらせることは大事なのは理解しているのですが、選手たちに負担がかかり、砂森和也選手が怪我をしたことは残念ですし、防げたのではないかと思います。
展開としては75分までは素晴らしいサッカーをしていましたが、そこで流れを変えるために選手を入れましたが、うまくいかないシーンが少しずつ出始めて、最終的にこのようなスコアになりました。

◇雨のなかでの戦い方について
自分としては何も変えるつもりはなく試合に臨みました。
相手ボックス内には約20回進入して、クロスも21本と相手よりも多く入れましたがゴールには結びつきませんでした。
天候で試合が止まったりして、4時間かかって試合を終わらせたので、目指しているサッカーをすることについては難しかったです。
そのなかでも最後の15分はあるべき姿ではなかったので、改善しなければなりません。

◇萱沼優聖選手をトップ下で起用した意図。
選手の配置のところを考えた時、彼をトップ下で使うことに決めました。
どんどんボックス内に入っていて得点を取りたい気持ちがあり、萱沼選手を起用しました。
彼個人としてはいいプレーをしていたと思います。

◇サポーターへの想い
正直にとても申し訳ない気持ちです。
J3でベストのサポーターだと感じています。
皆さま、雨や雷の間も待ってくださりましたが、勝利をお見せすることができずに残念です。

◇天皇杯と今後のリーグ戦に向けて
練習に参加できない選手もいるなかで難しい1週間ですが、自分たちの現状について明日、確認します。
今日はもう終わりましたので、まずしっかり明日をどうするかを考えて、これからも1日1日を大事にがんばっていきます。

この記事をシェアしよう!